対面販売の時代は終わりを告げている

 

利便性を多方向に発揮する

 

今や、インターネットショッピングで何でも手に入れることができる時代になって来ています。

特に、あまりその辺の店では見つからないような物だったり店で買うのに抵抗のある物だったりするときもありますからね。

特に、アダルト系の薬品や性関係の薬品という物はやっぱり何となく顔を合わせて買うというのに抵抗を感じる人も少なくはありません。

女性用の避妊ピルなんか、正にそれでセックス大好きで生セックスで中出ししないと満足できないというような人にとっては必需品ですが店では買いにくいという面があります。

しかし、今の時代ならばピルくらいならば普通にインターネット薬通販を利用することで誰とも顔を合わせることもなく、誰にもバレずに購入することができますからね。

特に、浮気セックスなんかにハマっている女性はそういう物の購入というのは恋人にバレないようにする必要がありますのでインターネット薬販売は非常に便利なのです。

実際、私のセフレで本命の彼氏がいながらも他の男と生セックスをしている人なんかは定期的にインターネットでピルを買っているみたいでしたしね。

用途と目的に合わせて、インターネットの薬販売という物は、非常に利便性を多方向に発揮しているのです。


 

ドラッグストアに薬剤師は必要?

 

最近ちょっと薬の事情も変わってきたようです。

特に薬はドラッグストアで簡単に購入出来るようにもなりました。とても素晴らしいことですが、まだまだ薬に関していろいろな問題も抱えているようです。

ドラッグストアにはいつだって、薬が溢れて、お客様も一杯です。

ドラッグストアなら、薬だけでなく更に、日常生活の雑貨なども購入出来たりします。

ほぼ、コンビニと変わらないようなドラッグストアだってあります。

ドラッグストアも、これだけたくさんあれば競争世界です。いかに他のドラッグストアと違うことが出来るかもポイントになります。

しかし、ドラッグストアは薬がメインなのに、まだドラッグストアで購入出来ない薬もあるようです。

実際にドラッグストアの店員は販売出来ない薬があります。

そもそも、薬とは、薬剤師の免許を持っている人たちが対面販売しなければならないものなのです。

薬剤師が常駐していないとドラッグストアでは、販売出来ない薬もあります。

一方、ドラッグストアと対峙して、薬局というものがあります。

薬局開設の許可をもらわないと薬局はオープン出来ません。調剤室がしっかり確保でき、薬剤師が常駐している必要もあります。

実際にこんな感じで薬は薬剤師と大きく関わる問題ですが、結構今までも無資格で販売してはならない薬を販売していたケースもあったようです。

実際に、白衣を着ていれば薬剤師か言えばそういう問題でもありません。